本年の日本の競馬の成績

先週末の結果で
今年は
投資 75400円
回収 52930円
予想 131レース
的中 25レース
回収率 70.2%
的中率 19.1%

まあ、75パーセントを全国平均とすれば、若干悪い。

昨年は
投資 43700円
回収 14530円
予想 112レース
的中 16レース
回収率 33.2%
的中率 14.3%

であったのだから、ボックス買にしてよかったなぁと言うことになる。

実害でも
2007年 -29170円
2008年 -22470円
であるから、相変わらず買わぬほうがいいでしょう!ということになるが、効果はあったということだろう。

さてさて、ザルカヴァにゴルディコヴァ、ウオッカにダイワスカーレット。
ブルーメンにスリープレスという牝馬の年であったと同時に、ドバイ、高松宮、ヴィクトリアマイル、JCD、最後の東京大賞典までフジキセキであったとも言える。

さてさて、皆さんはどのような年であったのか?
回顧しつつ、心はもう来年なのである。
今年一年ありがとうございました。
良いお年を!

【2008/12/31 12:55】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 有馬記念 予想

有馬記念

シルクジャスティス
テイエムオペラオー
シンボリクリスエス
シンボリクリスエス
ゼンノロブロイ
ハーツクライ
ディープインパクト
オグリキャップ
イナリワン


このところJC経由の有馬記念馬である。


マツリダゴッホ
マンハッタンカフェ
グラスワンダー
グラスワンダー
サクラローレル
マヤノトップガン
ナリタブライアン
トウカイテイオー
メジロパーマー
ダイユウサク


このところJC非経由の有馬記念馬である。

オグリキャップですら、あのマイルチャンピオンからJC連闘でレコード後の有馬は凡走している。
グラスワンダーのように、休んでいても関係ない馬もいる。
サクラローレルのようにJCを見向きもしない馬もいる。



前走凡走であるかどうかは関係ない、"力関係"がどうかと"おつり"であり、力関係がはっきりしていればおつりどころではなく、おつりがない消耗戦なら、そのおつりで逆転する。


そんなところから、今年の有馬を予想してみたい。
今年のG1戦線の勝馬を並べてみれば、"力関係"圧倒的な馬はいないと見る。

マツリダゴッホは中山得意であるが、今年はJCで激走してしまった。
いい加減、お釣りがなくなりそうなスクリーンヒーローも少々ここは危険。
アサクサキングスもまともに天皇賞とJCを走った。
ダイワスカーレットは、世紀の名勝負を戦った疲れがどうかだが、JCを使っていないので、どうにかなるかも知れぬ。
メイショウサムソンは、JCは使ったものの、凱旋門賞が休み明け、その後のJCであるから、ディープインパクトと同じ流れであるなら、有馬は右肩上がりの可能性も。JC組唯一の上がり目ありである。
そのほかでは、エアシェイディ、ドリームジャーニーが気になるが、ここは中山、後ろより前。

そんなところから、アルゼンチン共和国杯で、スクリーンヒーロー、ジャガーメイルの次に、58キロで来たアルナスラインは上がり目十分と見る。展開面も含め初の戴冠もある。
カワカミプリンセスを次候補とするが、これは、メイショウサムソンとダイワスカーレットが、実はおつりなし!と言う場合に対応してのこと。
もっとも、樫の女王カワカミの場合、2500に全く問題なし。ダイワとの力比べはまだしていない。
昨年の有馬をおつりの問題とすると、古馬牡馬相手の場合、あまりの圧倒的差をダイワスカーレットに感じるわけではない。
今年の流れの一つ、外国人騎手と言うのもあるから、フランスでも微妙な評価の人気薄馬に乗って穴をあけまくるペリエには要注意であろう。

◎アルナスライン
○カワカミプリンセス
▲メイショウサムソン
△ダイワスカーレット


馬連ボックス

【2008/12/27 17:10】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 予想

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス

さてさて、化物のように強い牝馬ブエナビスタに先着のリーチザクラウン。
それらに勝ったアンライバルトに先着したファミリズム、そしてそれに勝ったイグゼキュティヴ。
そのイグゼキュティヴに勝ったロジユニヴァース。

さてさて、ファミリズムの末も爆発的であるが、距離伸びて、ダンスインザダークの子はどんな競馬になるか?
名駒指名馬はファミリズムとラヴィンライフがここに登場する。
ファミリズムの結果次第では、来年の牝馬戦線に楽しみは増える。

ロジユニヴァースは新馬で破った人気馬ブロスアンドコンズが朝日杯4着のホッコータキオンと好勝負。
イグゼキュティヴを破った札幌は大変強い勝ち方であるから、相当能力を感じさせる。

京都で、札幌好走がフロックどころではないことを証明したイグゼキュティヴあたりにリーチザクラウンはどこまで食い下がるか?
リーチザクラウンの未勝利戦は相手が弱すぎであるから、この馬が人気になるなら、1戦1勝の良血ロードロックスターが妙味か?

◎ファミリズム
○ロジユニヴァース
▲イグゼキュティヴ
△ロードロックスター


馬連ボックス

【2008/12/26 17:28】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 中山大障害 予想

先週末の結果で
今年は
投資 74000円
回収 52930円
予想 128レース
的中 25レース


中山大障害

オッズがこの3強となるかどうかは分からぬが、基本的に3強の競馬で3強で決まると考えている。
ここは、それゆえ、マルカラスカル軸の馬連2点のみ。
負けが込んだ年の瀬ではあるが、あえてガチガチに。

◎マルカラスカル
○メルシーエイタイム
▲キングジョイ


馬連ながし

【2008/12/26 13:29】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 阪神カップ、朝日杯フューチュリティステークス 予想

阪神カップ

前走にとらわれず、重賞勝実績を主に、G1からの転戦馬。1400mに1分20秒台の実績がある馬。
まだ始まって間もない重賞。ただし、連に絡む馬は僅差ながら格。
にもかかわらず荒れているというのが現状だ。

◎ サイレントプライド
○ シンボリグラン
▲ ジョリーダンス
△ エイシンドーバー




朝日杯フューチュリティステークス

東スポ4着、京王杯3着
東スポ3着、デイリー2着
東スポ1着、デイリー3着
京王5着(新潟1着)、札幌1着
京王2着、デイリー1着
デイリー4着、札幌1着
京都1着、札幌1着
このところ連帯した馬の重賞等成績である。重賞連帯できず朝日杯で復権した馬も、重賞の厳しい競馬を乗り越えてのものだ。

このあたりから、小倉、新潟、札幌のチャンピオン、東スポ、京王杯、デイリーの掲示板が連帯。
そこからピックアップすると、ゲットフルマークス、フィフスペトル、エイシンタイガー 、シェーンヴァルト、ホッコータキオン、ピースピース 、ブレイクランアウトが今回それにあたる。
厳しい競馬ながら1着2着したデイリー杯組を高く評価。京王杯の2頭も余裕の逃げ切りを決めたゲットフルマークスと、地方とはいえ、函館のチャンプだが、叩き2走目の上がり目のあるフィフスペトルを上位推し。
その他の重賞掲示板に載った馬、連勝中の馬もいるが、現時点では、より厳しい競馬をした馬がいいのではとの予想。名駒ピックアップ馬2頭シェーンヴァルト、フィフスペトルは人気になりそうだが当然この先を含めて期待。

◎ シェーンヴァルト
○ ホッコータキオン
▲ フィフスペトル
△ ゲットフルマークス

【2008/12/20 19:31】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 愛知杯 予想

先週末の結果で
今年は
投資 72200円
回収 52930円
予想 125レース
的中 25レース


愛知杯

牝馬のみの重賞となり、しかもこの時期になってからは2回目である。阪神牝馬特別がこれになったと言ってもいいかも知れぬ。
前走、G1を4着の実力馬と連勝中の3歳牝馬の組み合わせ、G1を5着の実力馬と連勝中の古馬牝馬の組み合わせ。
阪神牝特の代わりらしく、実力馬の勝利がこのところ続く。
斤量はあまり関係ない。
距離、1800以上に勝ち鞍があり、左を勝っていること。

とは言うものの、今年の牝馬は上位2頭は究極で、しかも、春の覇者や、マイルチャンプはもう出てきていない。
よって、いつもよりはレベルが少々低い可能性もある。
そこも加味して、チェックしておこう。

まずは、左実績、過去の相手関係から、レインダンスは外せまい。エリザベス女王杯も5着である。
そこを4着だったマイネレーツェルは、左に実績がない。
とはいうものの、この馬、オークスでしか、左を走っておらず、左不得意とはいえまい。
そのオークスで先着しているレッドアゲート。ここは斤量がマイネレーツェルより軽い。コスモプラチナ、ブーケフレグランスの先行と思われるが、最終コーナー手前から厳しくなるとは思うものの、展開は、少々前有利か?そうなると、この馬にはちょっと足りない危険もある。
また、左は得意といえる、ニシノマナムスメ。
昨年もレベルの高い一戦であったが、そこの2着馬である。カシオペアで復活の兆しもあり、その舞台としてここはいけるかも知れぬ。


◎ レインダンス
○ マイネレーツェル
▲ ニシノマナムスメ
△ レッドアゲート


馬連ボックス

【2008/12/19 14:20】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 阪神ジュベナイルフィリーズ、カペラステークス 予想

阪神ジュベナイルフィリーズ

阪神コースが回収されてここ2年。真の実力が問われるコースとなった。
クラシックに直結し、ダービー、オークスの2400を制する馬が連続して現れた。
連帯率100%でマイル以上を使っている馬が勝馬である。
しかhし、2着馬はアストンマーチャンに代表されるように快速馬もいる。
35秒台前半の上がり以上を使えないと、スピードのゆるくなり勝ちな新しい阪神マイルはこなせない。

社台の縦じまでフランスで走った馬、ミスベルベールの子ダノンベルベールがこの条件に近く、しかも戦った相手のレベルもそこそこだ。
血統的に、マイルからクラシックまでいけぬことはない血統だ。
これを本命とする。

条件には全く当てはまらないが、レースレベルは高いまま保たれているワンカラット
これは、名駒ピックアップ馬であるが、前走もあわやのレース振りで、能力の高さは証明した。
血統的にも、もっと長くてもいいだろう。

このワンカラットのレースレベルと同じ程度で成績優秀なジェルミナル
ノーザンダンサーにレッドゴッド系の血の入る母。
これも中距離からクラシック距離がいいのだろう。

ようやくにして、適性距離コースで走れたレディルージュ。母父キングマンボは適性幅は広く、父ブライアンズタイムも英ダービー馬の子。もっと長くても問題ない血統だ。
これも、凱旋門賞名駒ピックアップ馬である。当然、クラシックディスタンスを意識したピックアップであるから、ここより先も楽しみだ。


◎ダノンベルベール
○ワンカラット
▲ジェルミナル
△レディルージュ





カペラステークス

第一回ということだが、似たレースにガーネットSがある。
ただし、ハンデ戦と別定戦の違いはある。が、さほどではあるまい。

中山が得意、1200ダートの勝馬、前走を勝っている、または、休み明けや重賞なら3馬身以内に来ている馬。
距離短縮ショック馬と芝からの変更ショック馬は注意必要。
といった傾向だ。
いわゆる、距離コース調子すべてよし=人気馬となる。

そんなところから、人気にはなるだろうが、前走の成績、距離適性共にレベルの高いカルナバリート
同じく連続連帯中のダイワエンパイア
芝からダ変更も、適性がないわけではないウエスタンビーナス
前走、着順ほど負けていないワールドハンター

室町ステークスのレベルを尊重する。斤量からダイワが本命であるといいたいところだが、斤量自体あまり関係ないまずまずの走りであった武蔵野Sからカルナバリートを本命に推す。

◎ カルナバリート
○ ダイワエンパイア
▲ ウエスタンビーナス
△ ワールドハンター

【2008/12/13 17:28】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>