2004弥生賞、中京記念

弥生賞

問題は展開だろう。展開に問題があるのは、逃げるモチと追い込むドリームジャーニーである。タスカータソルテが勝てば、ジャングルポケットの子供の展覧会に皐月賞がなりかねない。ココナッツは上がり33秒台の新馬戦はすばらしいが、キャリアでドリームの脚が勝るか。モチのほうが今回展開に恵まれそうで、名前の粘りが利くのでは。


◎アドマイヤオーラ
○モチ
▲ドリームジャーニー
△ココナッツパンチ
×タスカータソルテ

中京記念

ようやく、ここまで階段を登ってきたトウショウパワーズ。斤量と相手に恵まれたここで、重賞をさらっておきたいところ。コンゴウリキシオーとのいったいったの競馬も考えられる。ローゼンもこのメンバーなら、勝ち負けまで。


◎トウショウパワーズ
○コンゴウリキシオー
▲ローゼンクロイツ
△マチカネオーラ
×シルクネクサス

【2007/03/03 17:00】 2007重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>