2007ステイヤーズステークス

先週末の結果で
今年は
投資 39700円
回収 14530円
予想 102レース
的中 16レース


ステイヤーズステークス

トウカイトリックの紐探し。菊花賞組を上位と見て、3歳タガノファントムと争った、エイシンダードマンが菊花賞4着。
タガノファントムに勝ったデュオトーンは菊では負けたが、同じくタガノファントムに買ったワンダスティーヴを2着最優先候補と見る。
続いてエーシンダードマン。
実績から変わり身のありそうなネヴァブション、古豪アドマイヤモナークまで。

◎トウカイトリック
○ワンダースティーヴ
▲エーシンダードマン
△ネヴァブション
×アドマイヤモナーク

【2007/11/30 19:52】 2007重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

ジャパンカップ観戦会および反省会

東海、中国地方からの参加者も含め、総勢10名弱にて府中へ突撃。
一名3連複を的中させた以外、多くのメンバーはウオッカと共に撃沈。

外国馬は、全くの状況であり、凱旋門賞挑戦予定組であった、サムソン、ウオッカともに、負けたとはいえ、いい競馬(悪い馬券)であった。
上位は馬場差を乗り越えれば、外国でも通用するはずだわな。

香港に参戦する日本馬2頭の結果からも、ある程度想像できるじゃろう。
JCが終われば、香港である。

さて、反省会はいつものように、東京仙川のカフェ、レキューム・デ・ジュールへお邪魔する。いつものように、ビール、カクテル、ウィスキー、カフェ・・・と、話は徐々に次の競馬へ向かう。
どうやら、我々以外にも、競馬観戦の方もいたようで、10名ほどはカフェ内に競馬ファンに占拠されていたようであった。

ボリス・ヴィアンの本の題名である、レキューム・デ・ジュール。
ここは、府中→京王線→カフェ→フランス語→フランス→凱旋門賞→競馬と繋がって、溜まり場に指定されているのである。

競馬親父も、競馬おばばも、お競馬ファンも、未競馬ファンも、ジャズファンも、シングルモルト好きもコーヒー好きも、フランスのカフェ好きも集まれる店なのである。
カフェもお茶も酒も・・・さながらフランスのカフェである。

【2007/11/27 00:06】 コラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2007ジャパンカップとフランス

フランスのエキーディアの放送でジャパンカップを見ると、すなわちそれは、オリビエ・ペリエを応援する放送内容である。

ゴール直前、逃げ込みを計るアドマイヤ・ムーンにたいして、一完歩づつ詰め寄るポップロックのペリエに、ほとんど絶叫に近い叫びであった。
アレ!オリビエ!でレースが始まり、レース最後は、声が裏返っていた。
レース回顧では、アレ!ラ・フォルス!アレ!レ・ブルー!アレ!オリビエ!になっていた。

アレ!は行け!の意味。
ラ・フォルスは力強くの意味。
レ・ブルーはフランス代表。(特にサッカーフランス代表)

ブルーはフランス代表に用いられる単語であるから、ペリエはまさに、フランス代表として、ポップロックに乗っていたのである。
最終コーナーでは、アドマイヤムーンの前に位置していたから、ペリエと武は内より外を選択したのだろう。
有力馬のポップロックが外に回り、内に入らざるを得ないアドマイヤムーンの前は、どうぞと開いたような感じでもある。

フランスの放送で、オリビエ・ペリエの応援放送をしながら、声を裏返させた、このジャパンカップというレースにちょっとした誇りも感じるのである。

ちなみにチョウサンはショザン。ウオッカはヴォドカ。エリモハリアーはエリモアリア。ヒラボクロイヤルはイラボクロイヤル、である。

さて、フランスでは、締切前のとある段階で、1番人気メイショウサムソン5倍弱。
2番人気サデックス6倍弱。
3番人気アドマイヤムーン7倍弱。
4番人気ペイパルブルとポップロックが並んで8倍強。
6番人気にヴォドカ。16倍。
7番人気にヴィクトリーとアルティストロワイヤル。
以下、インティライミ、ドリームパスポート、フサイチパンドラと続く。

馬連は35.6倍であったから、ほぼ日本と同じ配当。
単勝は8.9倍である。

フランスでは、海外のレースが評価されており、また、フランス人への身びいきもある。
海外で走った馬は、それなりに評価され、そうでない馬はフランス人ジョッキーが売れた、それ以外は日本での戦績順(連勝のインティライミや前走G1を2着のパンドラ、昨年の連帯馬ドリームパスポート)
そのため、ムーンは結構人気になり、ポップロックはムーンより人気がない、ペリエであるにもかかわらず。そして、フランス人にとってよく分からない、ヴィクトリーは、ルメールのため結構人気になっているのだ。

このあたり、日本人が海外で馬券を買うときの発想に良く似ているといえる。
馬券親父達は、世界共通なのだという証拠でもある。

【2007/11/26 19:09】 コラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2007ジャパンカップ

ジャパンカップ

ウオッカは左利きであると考えておるので、ここは33秒台の脚で勝負する。昨年も、ディープとウィジャが33秒の脚であった。

サムソンは、前走の他馬の不利と彼の勝利はあまり関係ないと見る。
凱旋門賞出走予定だった2頭は、地元では勝負できないわけにはいかないだろう。

ポップロックは、外国フランス人騎手で、外国人騎手のなかでは、この馬が一番分かりやすい。昨年の有馬のように、少し前につけられれば逆転もありと見る。

アルティストロワイヤルとサデックスに関しては、人気がなさ過ぎる感も。
サラファン、ファルヴラヴも同じように人気薄から来ている。
アルティストロワイヤルは、ザティンマンを破っている、または、サデックスは凱旋門賞でディラントーマスに前をカットされた6着、この2頭は評価が低すぎるようにも思うので、一発を期待して。


◎ウオッカ
○メイショウサムソン
▲ポップロック
△アルティストロワイヤル
×サデックス

さて、皆さんの予想は。どのように考えるか?
このあーでもない、こーでもないと考える行為が、楽しみなんですわよね!

【2007/11/24 11:52】 2007重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2007ジャパンカップダート

ジャパンカップダート

どうやら、左の勝鞍があること。メンバー中最速、またはそれに準ずる脚が使えること。マイラーでない、または、マイラーでも絶対的能力の保持者であることは条件になりそうだ。
スチューデントカウンシルは、2番人気で4着だったトータルインパクトにまあまあ戦績が似ている。
そんなとこから、選んでみる。
確実に36秒前後の足を使う府中大好きのワイルドワンダーを軸とする。
フィールドルージュは、昨年の最先着馬であると共に、その脚は、前走でも最速の上がりをたたき出しており、衰えてはいない。昨年のJCDもアロンダイトと共に最速上がりであった。
スチューデントカウンシルもトータルインパクトと似ているプラス、このところの戦績が抜群だ。トータルインパクト以上の成績もありうるだろう。
メイショウトウコンも2000以上になれば力を発揮する。長い方がこの馬にもいい。
ドラゴンファイヤーも確実な脚と斤量面での有利がある。


◎ワイルドワンダー
○フィールドルージュ
▲スチューデントカウンシル
△メイショウトウコン
×ドラゴンファイヤー

【2007/11/23 19:16】 2007重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2007京阪杯

先週末の結果で
今年は
投資 38500円
回収 14530円
予想 99レース
的中 16レース


京阪杯

サンアディユの57をどう見るかだが、馬格の大きい馬だから、斤量泣きをするとは思えんのじゃが、牝馬ということで逆転候補を探してみる。
ただ、サンアディユがいるだけに、ナカヤマとサープラスは息が入りづらいかもしれん。
今回行き脚がついて、あまりに後方待機にならなければ、タマモホットプレイは、背負いなれた斤量とコースが向きそう。
カノヤザクラも斤量がサンアディユの2着時と変わらず、ブレークの3歳牝馬組ということで。
ブラックバースピン、アルーリングボイスの好位が取れる馬もヒモ狙い。

◎タマモホットプレイ
○カノヤザクラ
▲サンアディユ
△ブラックバースピン
×アルーリングボイス

【2007/11/22 17:46】 2007重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

ジャパンカップ考8

ディラントーマスが回避した今年のJC。
凱旋門賞にウオッカとサムソンが出られなかった裏返しとなってしまった。

さて、出走馬も決まり、どうでもいい検討をしてみる。

ブライアンズタイム産駒が皐月賞を勝った年。
すべてダービーはブライアンズタイム系であった。今年もそうだ。
そして、3冠のナリタブライアンを除くと、ブライアンズタイム系は菊花賞に勝っていない。
これらの年のJCを見てみると、アメリカのG1を勝った馬がJCに連帯。
今年も該当馬1頭いる。

さらに、凱旋門賞にて敗退した馬が連に2頭絡んでいる。
他は、マーベラスクラウン(左は連外していない)とエアグルーヴ(牝馬)だ。

さて、ラムタラがキングジョージと凱旋門賞を勝った年、今年もディラントーマスが達成している。
この年も、凱旋門賞で敗退した馬と日本の牝馬の組み合わせであった。

今年も、牝馬と凱旋門賞敗退した馬がいる。さらに、ランドと同じドイツからだ。
凱旋門賞馬はJCを勝てないが、凱旋門賞敗退馬はJCを何勝もしているところがこの話のミソだ。そして、両レース共に、牝馬が活躍していることもいえる。

さて、皆さんの予想はどうでしょう?適当に書き込んでみてください。


【2007/11/21 23:17】 コラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>