2008年 東京優駿、日本ダービー 予想

東京優駿、日本ダービー


いまさらながら、桜花賞はレベルが高かったのだとオークスで証明されただろう。

このところの傾向と対策はほとんど意味をなさない今年の戦国。

とはいっても、強いレースで結果を残した馬、左が得意な馬がオークスで来た。

桜花賞を過小評価したものは、誰一人オークスで馬券を取れなかったろう。

もっとも、オークスの場合、阪神1600がコース改修で変わった事が。過去10年などというデータを意味のないものにしてしまった感がないこともない。
阪神1600で活躍した馬が上位を占めたからである。




さて、今年の日本ダービー。

相変わらずレベルの高いレースはオークス検討時と同様、アーリントンカップ(阪神1600)である。
もうひとつは、府中というコースで復活する馬がいるということだ。これは、勝利実績だけではない。
皐月賞惨敗から復活を遂げたのは、アサクサキングス、ハーツクライ、アドマイヤベガ、ボールドエンペラーといる。ちなみに2着アサクサキングス、ボールドエンペラーは父サンデーサイレンス系ではない。



さあ、一番人気は来る。関西馬が来る。
こういうのはジンクス以外だ。
ディープインパクトが勝ったダービーを、ほら!一番人気の関西馬っていったじゃん!という人はいないだろう。



重賞勝馬しか連帯しないというデータがある。
これは、今年のオークスでもいえたことで、競馬で強い相手勝ったという意味では重要なキーのひとつだ。
しかし、今年は戦国。
確かに、オークスは重賞勝馬、3勝馬が上位に着たが、トールポピーは2勝馬であった。



そんなところから、今年は、いくつかの馬をキーポイントにあげることにした。

オースミスパーク、マイネルスターリー、ヤマニンキングリーの3頭である。

この馬たちは、ディープスカイの毎日杯出走組である。
当然、アドマイヤコマンドとも対戦しているわけである。そのアドマイヤコマンドとは僅差の馬たちだ。


オースミスパークはアーリントンカップも出走し、共同通信杯3着のマイネルスターリーをはなみずき賞であっさり下し、プリンシパルに出走。

マイネルスターリーも共同通信杯で、ショウナンアルバ、タケミカヅツ3着、プリンシパルも出走。

ヤマニンキングリーは、黄菊賞でトールポピーを破り、きさらぎ賞では、レッツゴーキリシマ、ブラックシェル、アグネススターチに先着の3着。
スマイルジャックとは鼻差。レインボーペガサスと1馬身である。

さて、これらの話をしていけば、要するに戦国であることを再証明するだけだ。
そして、やはりディープスカイは強いと・・・。


アーリントンカップ、左回り、皐月賞からの復活、重賞やオープンでの成績これらをキーに考えてみよう。



◎ベンチャーナイン
○レインボーペガサス
▲ディープスカイ
△エーシンフォワード


馬連ボックス



ベンシャーナインは逃げ馬が残る展開のなかで、惨敗が続いている。が、皐月賞でも、相当の脚を使っている。
新潟からは、新潟2歳の組が活躍している。強烈な末をもった馬たちだ。それを抑えきったエフティマイアがオークス2着。
ベンチャーナインは新馬が桁違いの脚を使った新潟での勝利。
東京スポーツもこれまたとんでもない脚で差しきったフサイチアソートの上を行く最速末脚。
得意としない右でも、前がつぶれる展開なら、マイネルチャールズを差しきる勢いを見せ、逃げ残った展開の右回りの皐月賞でも4番目の末を見せている。
そして、前走。評価の高くないアグネススターチが逃げ残ってしまう展開で、前目の実力馬、オースミスパーク、マイネルスターリー、ヤマニンキングリー、そして1番人気でタケミカヅチに新潟2歳で先着のタケショウオージを5馬身以上ちぎったテラノファントムを異次元の脚で差しきった。
しかも、やや重で。

あまりに、評価が低い。低すぎる。
新馬戦いらい、応援すると決めたメイショウテッペイが惨敗したレースだからということも微妙に含まれるが、このプリンシパルのメンバーが大変毎日杯と似ていることに気が付くだろう。


レインボーペガサスは、左経験がないが、左得意で、そこそこ人気で府中で連帯パターンを地で行く皐月賞最速上がり馬。


ディープスカイ、エーシンフォワード はアーリントン上位組みで当然。
両頭ともに、距離微妙だが、実はマイラーが多く上位に来るのが、クラシックなのだ。同じ年齢しか出られないレースゆえ、絶対能力が重視である。
エーシンは血統も不安があるが、たった一度の府中の敗戦で、切ってしまうのはいかにも危険。良なら、ディープスカイをも並んで抜かせない脚がある。


ほか、同じような探し方なら、フローテーション、ショウナンアルバ、スマイルジャックなどが上記の次にくるが、絞るなら上記だ。



アグネススターチが逃げ残る展開でも、ショウナンアルバがさらにその上のペースで逃げる展開でも、サクセスブロッケンが逃げる展開でも、差せる脚を持っているのが上記4頭とみる。
スローよりも、逃がしてしまうことの方が危険だ。サクセスブロッケンはそれを狙っているかもしれない。



さて、今日の白百合の結果を見ても、ヤマニンキングリーのわかりやすい勝利であったが、この出走馬の対戦相手たちを見れば、何か感じるものがあるだろう。

ブライアンズタイムの皐月賞はブライアンズタイムのダービー。
しかし、ブライアンズタイム→ブライアンズタイム系タニノギムレットであった。
ブライアンズタイムの翌年はサンデーサイレンス。
しかし、アグネスタキオン→アグネスタキオン以外のサンデーサイレンス種牡馬になる?
えぇ!またフジキセキ???
しかも2着はサンデー系以外が来たりしそうな今年である。

【2008/05/31 20:45】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 目黒記念 予想

目黒記念


前走圧倒的な強さを見せたアルナスライン。
今回のメンバーはそうは甘くないが、昨年のすみれS以降すばらしい競馬が続いている。
ここは、一度たたいた分、ロックより上、状態でホクトスルタンと互角なら、これがぬけるだろう。

フサイチアソートは府中得意の上、裸馬なみの斤量。
昨年のココナッツパンチより軽い。

ロックは休み明けの分、評価を下げたが、斤量などの面を考えると、こちらにも有利な材料も多い。
この先を見据えて負けられない。

差しの活躍するこのレースだが、前から前目で走りたい馬が結構多く、前が厳しくなると、自在味のあるシルクネクサスが連下ナンバーワン安定候補。


◎アルナスライン
○フサイチアソート
▲ロックドゥカンブ
△シルクネクサス


馬連ボックス

【2008/05/31 20:19】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 金鯱賞 予想

先週末の結果で
今年は
投資 33600円
回収 24020円
予想 58レース
的中 11レース


金鯱賞


ドバイ帰りのアドマイヤオーラも含め、僅差と見る。
昨年や前走から、斤量の点で少々不利になった馬も出てきそうだ。
そんな中、左で勝っていなくとも、左嫌いでない、左得意の馬から。

斤量、左、ステップ、調子全てに問題のないエイシンデピュティ。
中京は、勝っていないが、相手はダイワスカーレット。
昨年2着で、前走も、猛烈な脚を左で使っている。左巧者スウィフトカレント。
左勝ちはないが、左で32秒台の足を使う上がり調子のサクラメガワンダー。
どの馬も、背負いなれた斤量である。


◎エイシンデピュティ
○アドマイヤオーラ
▲スウィフトカレント
△サクラメガワンダー

馬連ボックス

【2008/05/31 06:11】 2008重賞 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
top>>

2008年 オークス 予想

オークス

差しより、逃げが怖い。
久々の重の開催になりそうだし、メンバー的にこないだのカレイジャスミンのあの展開に近くなりそうだ。
有力馬は差しが多い。
今の府中は、内がダメといいながら、内をついた馬が先週も先々週も好走している。

桜花賞敗退組が距離か何かで復活することが多いオークス。
最近は、別路線組が多く活躍している。
桜花賞で負けた組でも、フラワーカップなど距離経験はそこそこ重要。

ただし、桜花賞の評価は、コース変更で変わったといわねばなるまい。
なぜなら、桜花賞1着2着が出なかった昨年は4着馬。それも、血統をみるとけして長いところですよ!という馬でもない。
ローブデコルテのオークス制覇は、新しい桜花賞コースは、実力が出やすい=ウオッカやダイワスカーレットは強い、をあらわしているのかもしれない。

となると、桜花賞組は当然要注意。

桜花賞敗退組の差し馬!は桜花賞上位組の先行馬に要注意!に変わるかもしれない今年である。もちろん内枠がどちらかといえばいい。



◎ブラックエンブレム
○エフティマイア
▲レジネッタ
△レッドアゲート


馬連ボックス


以前から言うように、アーリントンカップを評価している。
だから、本来、ポルトフィーノが参戦していたら、この馬の予定であった。
が、いない。
今度は、その代わりにレジネッタではなく、桜花賞馬レジネッタを推せる。

桜花賞は、前へいけずなんだかなぁ〜のレースであったブラックエンブレム。もともとこちら狙いの同馬は、このメンバーで、前へ行けたら、結果を出しそうだ。
よって、桜花賞に続き、またもや本命とする。

アーリントンの評価がエルフィンの評価になり、フラワーカップも評価している。
マイネルチャールズと接戦したのは、ブラックエンブレムとリトルアマポーラである。
また、フラワー組は、フローラでもスイートピーでも上位独占だ。これを暴れて逃げた馬が勝っちゃったのである。

もうひとつ評価すべきなのが、新潟である。ここから、皐月賞、桜花賞の2着馬が出たのだから、そういうことになるだろう。
先週も、タケショウオージが、そこそこのメンバー相手の500万下を楽勝している。


以上ではあるが、以上なら、ソーマジックとリトルアマポーラ、シャランジュも評価すべきということになる。
マイネレーツェルは距離微妙としても、その他は確かに怖い。


アドマイヤグルーヴもダンスインザムードもここでは負けた。
難しい。
荒れることを期待して、また、桜花賞上位がそのまま強いに昨年から変更になったのでは?という理由から、まともに行ってちょっと負けた、ソーマジックとリトルアマポーラとシャランジュを切った。


もうひとつは今年のキーである。混戦、フジキセキ、地方出身ジョッキーだ。
エフティマイア。左回りは新潟であのメンバーで勝利。左回り+フジキセキは、サンクラシークのドバイに始まり、ファイングレインの中京、エイジアンウインズの府中。今度はどうだ?

【2008/05/24 16:50】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 東海ステークス 予想

先週末の結果で
今年は
投資 32400円
回収 24020円
予想 56レース
的中 11レース


東海ステークス


実績馬が来てはいるが、初斤量となると、いない。
実績といっても、調子がいいではなく、重賞実績が必要。勝っていることが望ましい。
以上から、マルブツ、ロングが消える。
ファストフレンドも斤量増、昨年のキクノアローも重賞は2着まで、で敗れた。


◎サンライズバッカス
○ワンダースピード
▲メイショウトウコン
△フィフティーワナー


馬連ボックス

人気は分散しそうだから、このボックスでも、そこそこつくのではないか?
そうは言っても、多くは望めない。

【2008/05/24 16:47】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 ヴィクトリアマイル 予想

ヴィクトリアマイル


そもそも、左回りというのは、ノーマルであるわけだから、左巧者というより、右が不得手のメンバーが復活する場所でもある。
したがって、必ず、いつも左で走らなければ、左利きというわけでもなかろう。
右で、泣かず飛ばず、冬に泣かず飛ばずの牝馬が、ここで復活することもありえる事を少ない開催も示唆している。

このレースは、JRAの売り上げ増、古馬牝馬救済、牝馬の勲章による馬産の活性化など、いくつかの視点があるだろうが、世界の趨勢として、牝馬レース体系の整備が進んでいるのも、一つではある。
そういう意味では、昨年の最優秀古馬牝馬を見ても、このレースの価値がそれなりに評価されるわけで、ガチンコを望む、無冠牝馬達も鼻息荒く出走してくるわけである。

そこが、1番人気がコケ、その他の人気馬が勝利している理由の一つにも挙げられよう。

休み明け、使い詰めなど、デリケートな牝馬には数々の問題も多い。ここ2年、消えた1番人気は、実績からも鉄板といっていい牝馬であった。


さて、今年も女傑が登場する。
しかし、ローテーションはいささか不安だ。
ドバイのあの一戦は、ムーラン・ド・ロンシャンを制したダルジナが2着。レベルの高さとレースの激しさは、多くのコメントや記事に見られる。
その時差のある、レースから、ここへ戻ってきてさてどうか。
昨年のダービー時から、ウオッカを左巧者としてきたが、ここに来て、その左がクローズアップされている。
しかし、ドバイほどではないとはいえ、この距離、このメンバーはけして、レベルの低いものではない。
本日の京王杯もそれを物語っているだろう。

このところ調子のいい、左巧者。激走の続いたお釣りのない馬は前走、前々走結果を残していても消える。出走数より、激走数が問題だ。
こんなところが、このレースの盲点だ。

確実に調子を上げ、今度こそ激走ポイント、又は復活ポイントの馬を選ぶ。



◎ブルーメンブラット
○トウカイオスカー
▲ピンクカメオ
△ローブデコルテ

馬連ボックス



無冠牝馬で最も力が入っていそうな陣営ブルーメンブラット。当然ここ目標のはず。
その他は、府中で復活するために、府中のマイルを2戦目に持ってきた、おつり残しのトウカイオスカー。
今は昔?の府中のG1ウィナー2頭。

【2008/05/17 19:11】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 京都ジャンプステークス 予想

京都ジャンプステークス


エイシンペキンの相手探し。
ここは、実績より最近のレースペースで選ぶ。
エイシンペキンのペースなら、少々速いペースにも対応できないと辛いだろう。


◎エイシンペキン
○ナイトフライヤー
▲バトルブレーヴ
△アインオーセン

馬連ながし

【2008/05/16 23:59】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>