2008年 宝塚記念 予想

先週末の結果で
今年は
投資 38700円
回収 26450円
予想 67レース
的中 12レース


宝塚記念


前走はまけてやはり強しの内容。このメンバーなら相手はオーラ一頭だろうが、距離2200に他の馬にチャンス有。

オーラは復調度合いと重がタキオン×カーリアンで?

ロックドゥカンブは叩いた上に、展開の利、重もさらにいい。

が、それが理由で前が厳しくなることもあり、その場合のアドマイヤフジの末脚で適距離戻り注。

アルナスラインは、安定度、オーラが復調していない場合に注。


◎ メイショウサムソン
○ アドマイヤオーラ
▲ ロックドゥカンブ
△ アルナスライン
× アドマイヤフジ


馬連流し


ここは、サムソンを信頼し、流しにて勝負。信頼しておかなければ、この先の楽しみもない。
彼のライバルは、デュークオブマーマレードやソルジャーオブフォーチュンや、ニューアプローチであってほしいというわけだ。

【2008/06/28 13:13】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

明日の新馬と凱旋門賞にダート馬

これは!と思うものはいないが、いたところで、先週の始末である。



さて、今週。

ソンナノカンケーネと同じお父さんである、シルクバラッド。
ムーンバラッドの子はまだあまり走っていないので、参考にすらならない。


ムーンバラッドといえば、シングスピール産駒。当然さかのぼっていけば、サドラーズウェルズ、スペシャルとなっていくわけである。

これにダンジグ系を賭けたのが父ムーンバラッド。

これに、日本ではおなじみの、ニジンスキーのカーリアン、そして、ミルリーフ黄金ラインのシャーリーハイツからダルシャーン、さらに、モンジューのバックアップをしているトップヴィル系が入った。

ムーンバラッド自身がドバイワールドカップ馬であるように、こいつはダートもいけそうだ。





じつは、エルコンドルパサーもタイキシャトルもトゥザヴィクトリーもダートに良績がある。
凱旋門賞馬は日本の芝を走らないが、欧州で活躍する種馬の子は、案外日本でもダートを走っている。

また、ロベルト系のブライアンズタイムが日本でダートでも芝でも走るように、このロベルト系は欧州でも成功している。

日本の芝でこその馬は、やはり欧州で苦戦するのはこういうところにあるのではないかと考えている。

それが、宝塚に登録し、凱旋門賞に登録した馬たちが、スペシャルの血を引いていることに期待を抱かせる。
欧州の芝生の直線の攻防が、日本のダート戦の攻防の雰囲気と大変似ていることに、そんな気をさらに強くさせる。

ただし、アメリカのダート馬が日本のダートを走らず、アメリカのダート馬の子が日本の芝で走ることが多いため、今年、ダート芝兼用種牡馬、スマートストライク産駒のカーリン参戦が実現すれば、どんなことが起きるのか?興味深い。

こんな理屈が成り立っちゃうと、カジノドライブやビッグブラウンは、日本の芝で強いということが成り立つわけだが、馬の個体能力の問題ももちろんある。





話は戻り、ミスターグリーリーの血も引く、アーリーアメリカンも1200で少々興味ある。
シルクバラッドもアーリーアメリカンも人気にはならないような気がするが。

【2008/06/27 16:17】 20082009名駒 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 帝王賞 予想

帝王賞

オークスではひそかに狙っていた馬でもあったヤマトマリオン。
このスペシャルの血を引く牝馬からはいろう。
この馬、ダートではかなりの成績だ。ダートの猛者かもしれない。


◎ ヤマトマリオン
○ ワンダースピード
▲ フリオーソ

さてと、出かけてきますか・・・。

【2008/06/25 17:44】 2008地方競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

本日の注目

未来の凱旋門賞馬を探せという意味で、いつまで続くかこのコーナーもやってみる。
もっとも、評判とか、調教とかは必ずしも考慮しない。
血統考察に近い方法でする。勝負ではないから、そのほうがロマンがあるというものだ。

函館5R
イーサンヘモス
スペシャルの兄弟、ソングの子タッチの血を引く。
シーキングザゴールドは欧州で成功しているミスプロの一頭。
しかも、ノーザンダンサー系のなかで、ブレイクしつつあるデインヒルと同じダンジグ系のアジュディケーティングが母父。

距離微妙だが、欧州の芝も走れそうな、今の流行血統を集めたようなこの馬に期待。



阪神4R
キングスレガリア
これまた、キングカメハメハ産駒である。
母父がフランスで走っていたジェイドロバリー。
ミスプロにスペシャルの良血馬だ。
これも、名牝スペシャルのクロス馬。
二つ上のお姉ちゃん、クリスタルストーンはブライアンズタイム産駒で地方で連勝街道爆走中である。


兄弟や自身がダートで走る馬は、実は、海外での成功のひとつの鍵である。

【2008/06/22 08:20】 20082009名駒 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 マーメイドステークス 予想

先週末の結果で
今年は
投資 38400円
回収 26450円
予想 66レース
的中 12レース


マーメイドステークス


前走ヴィクトリアマイルなどレベルの高いレースで、大敗していたとしても、展開によるものの場合は要注意。
展開が向いたのに・・・は切り。復活しない。

軽量馬要注意だが、それなりの戦績も必要。前走勝っていない馬はもちろんダメだが、勝っていても、ハンデがそんなでもなければ???となる。


◎ ベッラレイア
○ トウカイルナ
▲ ザレマ


馬連ボックス




予断ではあるが、本日より”名駒デビュー”が始まる
まあ、親父だけに、親父ギャグであるが、気になった新馬をちょろちょろ挙げていこう。

目的は、通常のPOGとは違う。

フランス競馬ブログ親父であるのだから、未来の凱旋門賞馬を探せである。
見つかっちゃうのなら名駒デビューから応援したことになる。

このくさい親父ギャグ、あちこちで使われそうどころか、もう使われていそうだな、まあ、知ったことではないが。



本日は阪神に唯一関東馬を持っていってデビューさせると言う、ショウナンパントルの下である。
このレース注目は、今週の一番の注目馬らしい、セイウンワンダーである。

もっとも、新馬でまけても、凱旋門賞を勝つ馬ならいいわけであるが、日本で活躍しないと、連れて行ってももらえない。
応援該当になりそうな馬はいっぱいいるから、一本決め撃ちのPOGよりお気楽だ。


さて、ショウナンパントルの下。キングカメハメハに変わったことで、何度も触れてきたソング、スペシャルのクロスが出来た。
エルコンドルパサーやヘンリーザナヴィゲーターと一緒である。
兄弟姉妹に走った馬がいるのだから、化け物が出ても不思議はない。
ゴーランの弟もあわやのダービー2着の今年。
わざわざ、向こうまで連れて行った馬だ、きっと期待しとる関東馬なのだろう。
しかも、この馬ミスプロの黄金配合の3×4。
まさに計算されつくした配合ですなぁ。ほとんどゲームっぽい配合だ。


ショウナンサミットに注目である。
貧乏人のわしにはこのレースを見る設備はないが。
キングマンボにインザウイングスのG1馬の弟と言えば、欧州で走りそうだがなぁ。
血統を見ればみるほどそう思う。

このキングマンボ産駒、当然、結構、このソング-スペシャルのクロスがいる。

マーメイドより、こっちのほうが話が長くなってしまった。

【2008/06/21 10:13】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 CBC賞 予想

CBC賞


左利き、1200勝ちは必要。
左の1200で負けたわけでなければ、度外視していい。
前につけられるスピードが必要。

大激戦の前走から斤量2キロ減のスピニングノアール指名。左の1200はもってこい。
キョウワロアリングも中京得意で前走より斤量減。
ウエスタンビーナスの勢い、スパインも左で走れ、スピードをいかせば十分いける。


◎ スピニングノアール
○ キョウワロアリング
▲ ウエスタンビーナス
△ スパイン


馬連ボックス

【2008/06/14 21:32】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 エプソムカップ 予想

エプソムカップ


左利きは要注意。初重賞制覇も多い。
オーストラリアトロフィー、府中S、新潟大賞典、などがステップとして多いが、着順よりも、着差である。
もちろん勝った馬は要注意。
過去に重賞制覇のある馬も要注意である。

左の重賞を勝っているトーホウアラン、サンライズマックス。
府中5連帯のマイネルキッツに、2戦2勝のファストロック。


◎ トーホウアラン
○ サンライズマックス
▲ マイネルキッツ
△ ファストロック


馬連ボックス

【2008/06/14 21:26】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>