2008年 函館記念 予想

函館記念

さすがに、今回はエリモハリアーはどうか?新しい函館マイスターにフィールドベアーが名乗りを上げる。
ココナッツパンチを破ったブレーヴハートが本格化。
マヤノライジンも、エイシンデピュティ同様、善戦マンから脱却したい。
そして、クラシックをにぎわせたメイショウレガーロも、休み明けたたいて、一変してきた。



◎ フィールドベアー
○ ブレーヴハート
▲ マヤノライジン
△ メイショウレガーロ


馬連ボックス

【2008/07/26 18:38】 2008重賞 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
top>>

2008年 小倉サマージャンプ 予想

先週末の結果で
今年は
投資 42100円
回収 26450円
予想 73レース
的中 12レース


小倉サマージャンプ

0.5キロ増えても、得意の小倉に、このメンバー。
コウエイトライが押し切りそう。
相手探し。
これも、実力どおりならクールジョイ。上がり馬の2頭まで、コウエイトライから流す。


◎ コウエイトライ
○ クールジョイ
▲ バトルブレーヴ
△ ゴールデンシャイン


馬連流し

【2008/07/25 14:59】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 アイビスサマーダッシュ 予想

先週末の結果で
今年は
投資 41500円
回収 26450円
予想 72レース
的中 12レース


アイビスサマーダッシュ

前走も負けたとはいえ、大敗ではない上に、1000ならと期待させる内容のスパイン。
もともとこのクラスの馬とはそこそこやってきている上、ここの直線なら奪取可能。

エムオーウィナーも、ここならスピードを争える。

ただし、前が崩れたなら、差し確実な中から、カノヤザクラが有力。

どの展開でも、そこそこきそうなステキシンスケクンは軸にはいいがこの距離勝ちきれるか?


◎ スパイン
○ カノヤザクラ
▲ ステキシンスケクン
△ エムオーウイナー



馬連ボックス

【2008/07/19 16:32】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

明日の新馬戦

明日の注目は、函館のシェーンヴァルト。
スペシャルのクロス牡馬である。
ジャングルポケットがヌレイエフの血を引いており、エリシオの肌馬だと、その父フェアリーキングはサドラーズと全兄弟であるから、こういう配合となる。
スペシャルの血もその母ソングの血もそこそこ濃い。

同じスペシャルの血を引く、名門厩舎の馬も出るが、さてどうなるか?

【2008/07/12 22:09】 20082009名駒 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 プロキオンステークス 予想

プロキオンステークス


シルクビッグタイムの評価が難しい。
安定度でワイルドワンダーとゼンノパルテノン。
ラインドライブは前走フィールドオアシスに勝利しているのを評価。
フィールドオアシスやバンブーエール、ワイルドワンダーは同じようなところで争いをしていたものだ。
シルクビッグタイムは一応押さえで。



◎ ワイルドワンダー
○ ゼンノパルテノン
▲ ラインドライブ
△ シルクビッグタイム



馬連ボックス

【2008/07/12 21:40】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

2008年 七夕賞 予想

先週末の結果で
今年は
投資 40300円
回収 26450円
予想 70レース
的中 12レース


七夕賞


福島であるから、福島が得意なことにこしたことはない。が、前があまりに固まると、少々差しも怖い。
かといって、ごぼう抜きはどうか?
前へつけることも可能な馬でないと、追い込み一手はつらい。

エプソムカップ組から初福島ながら向いていそうでしかも斤量有利のマイネルキッツ本命。
勝って5着勝って5着勝って5着なら今度は。

グラスボンバーも福島なら前へいける。
この馬結構福島好きなのだ。エプソムでそこそこだったうえ、福島民放杯を最近2着。
僅差のレースばかりだ。

ドリーミーオペラもこの斤量は裸同然。前へいけない馬ではない。行けば穴を開けるかもしれない。
福島勝ちもあり、前前走はヒカルオオゾラを57キロで下しているのだ。
52キロは初だけに、馬が喜ぶかもしれん。

カネトシツヨシオーは、今年の対戦は相当強い馬ばかりだ。しかも、前走福島でここ得意のアルコセニョラをやぶった。
展開の問題もあるが、まとめてもありうる。


◎ マイネルキッツ
○ グラスボンバー
▲ ドリーミーオペラ
△ カネトシツヨシオー



馬連ボックス

【2008/07/12 21:19】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

明日の新馬戦

今週の注目は、函館のフィフスペトルと福島のアポロストームである。



フィフスペトルはスペシャル系のキングカメハメハであるが、ニジンスキーがだいぶ濃い。
これと、欧州では成功しているロベルトの血も入っている。
クラフティをつけたノーフォークパインとにているが、よりニジンスキーやノーザンダンサーの色合いが濃い、欧州の雰囲気となっている。



アポロストームは母父オペラハウスでこちらにスペシャルの血が入っている。
しかも、欧州で走っているダンジグ系にダンテのハイトップの血、が重なり、モンジューなどに近い雰囲気だ。
母方もダンテの血が入っており、トロットサンダーも思い出す。



トロットサンダーもそうであったし、タイキシャトルも、エルコンドルパサーもそうであったが、何度も言うように、ダートを走りそうな馬ばかりを選択してしまうことになる。
これらマイラーは最終的に芝で活躍したが、元はダート活躍馬である。



こういう選択では、芝短距離新馬戦を的中させるのは難しい(笑)か?


しかし、ダービー馬を探すPOGではない。未来の凱旋門賞馬を探している。
忘れたころに、上へ上がってくるかもしれない、ダート街道を通って・・・・。

ま、桁が違えば、長短ダ芝問わずだろう。

【2008/07/11 19:43】 20082009名駒 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>