日曜名駒デビューの注目馬

東京3R芝1400m


ブラウニーサンクス
ミスタープロスペクターのクロス、ミスプロレッドゴッドの組合せに期待。


ダンスファンタジア

少々重たい感じもあるが、ロンシャン走るのにはけして悪くない。良血だけに期待しよう。





東京4R芝1600m

コスモリゾルヴ
ミスプロにヌレイエフの組み合わせ。母はキャドラン賞馬のサンセバスチャンの下。甥がアルカセットである。血統配合的にもアルカセットに近い。





京都5R芝1600m

コマノスクアーロ
ミスプロのクロスを持つゼンノロブロイ産駒。リンデンリリーの流れだが、さてどうか?


フィエラメンテ
ロベルト系との組み合わせは初だが、どんな仔になるかは楽しみだ。





福島3R芝1800m

マイネルシュライ
ノーザンダンサー系と相性のいいハーツクライ。ミカエルビスティーのすぐ下になる。

【2010/10/30 19:52】 20102011名駒 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
top>>

2010年 天皇賞 秋 予想

天皇賞秋

毎日王冠と京都大賞典の勝馬は天皇賞を勝てないジンクスは頑張る叔父さんによって破られた。
ブライアンズタイム系に向かぬジンクスも一昨年ウォッカに破られ、どうやら、天皇賞は新しい傾向を見せ始めているのかも知れぬ。
ただ、左利きは要注意。そこは、変わらぬ昨年のワンツースリーであった。

春騒がれた馬達は、秋失速気味で、春期待に応えられなかった馬と、夏の上がり馬が活躍している3歳勢。
古馬勢では、宝塚組が、それなりの走りを見せている。もちろん、ナカヤマフェスタもその1頭である。
とすれば、宝塚と毎日王冠の二本立てで、府中というキー、というキーをチェックしていけば、おのずと見つかるはずだ。

馬場と重血統、府中、宝塚、毎日王冠というキーワードで4頭浮かび上がる。
特にエイシンアポロンはサドラーズの血。
ジャガーメイルもヌレイエフでスペシャルの血を引く。この馬そもそも休み明けこそ激走タイプである。
ネヴァブションも香港辺りを経験して、うまが精神的に成長したような雰囲気だ。
先行不利といわれる番号枠に入ったアリゼオもここを勝った父とまったく同じ。そもそも、府中の重馬場でヒルノダムールを差しきっている馬であるから、前走も10頭立ての6番手追走であるし、先行だけがこの馬向きではあるまい。
もっとも、馬場がそこそこ回復してしまえば、凱旋門賞でも勝ちそうな豪脚女傑に豪腕差騎手のコンビに歯が立たぬかも知れぬ。雨のスミヨンと逃げのスミヨンは推奨できぬのだが。

本 エイシンアポロン
対 ジャガーメイル
単 ネヴァブション
穴 アリゼオ

馬連ボックス

【2010/10/30 17:46】 2010重賞 | TRACKBACK(-) | COMMENT(3)
top>>

2010年 スワンステークス 予想

先週末の結果で
今年は
投資 65100円
回収 57420円
予想 111レース
的中 23レース


スワンステークス

このレースの1番人気はなかなか来ない。
京都が得意な馬、
1400得意な馬の連帯が多く、
京都初も時々いる。
斤量59キロ馬はなかなか来ない。


これで本命印を打ったキンシャサノキセキが豪腕スミヨンの腕でアーリーロブストを差した。
とはいえ、このレース14着までが0.6差の大混戦。
1番人気のスズカコーズウェイは破れ、混戦ながら、まあ、大体、基準の範囲内に収まったレースとなり、予想方針もそのまま行こう。

1400延長と馬場悪化は歓迎のダノンムローが武豊騎手で一発期待。
馬場次第も差脚と1400に期待のマルカフェニックス
芝4勝中3勝京都のヘッドライナー
騎手は逃げ馬では?だが、逃げ馬多く、差せる展開ならのスミヨンのエーシンフォワードにも期待。

本 ダノンムロー
対 マルカフェニックス
単 ヘッドライナー
穴 エーシンフォワード

馬連ボックス

【2010/10/29 17:29】 2010重賞 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
top>>

土曜名駒デビューの注目馬

京都5R1400m ダート

ゼニバコ
ゴールドアリュールにラムタラ。ダートは走りそうなサンデーニジンスキーである。
最近ではリトルアマポーラが出た、ルイジアナピットの孫。




京都6R2000m 芝

アースワンマンボ
上は全く走っていない。サンデーにミスプロにニジンスキーの組み合わせになるところに期待。

【2010/10/29 11:42】 20102011名駒 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>

今週末の出走名駒

未勝利を勝ち上がった3頭が出走予定。
快走を期待。

萩ステークス

ノヴァグロリア 55
メイショウオオゾラ 55





きんもくせい特別

ヴィクトリースター 55

【2010/10/28 17:58】 20102011名駒 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>

2010年 菊花賞 予想 シルクオールディーのひとまくりに期待

菊花賞

さて、3歳クラシック組と夏古馬と戦った馬の争いの構図である。
例年と同じだ。
重賞クラスでは3歳馬は古馬に通用しなかったが、オープン特別ではそこそこ戦った。
成長力、血統などがモノを言うことも多い菊。
たしかに秋前哨戦では、クラシック上位の強さも目立ったが、あくまで2400の話。
今年は混戦の雰囲気があり、ワークフォース共々、前走敗れた馬の復活劇が今年のキーになるかもしれぬ。


そもそも、これだけ、一丁出てみるか!の馬がそろえば、勝ちにこだわって、ずるずるスローとも考えられぬ。
失うものない馬達の勝負に、クラシックの上位馬が各の違いを見せられるのか?その展開は厳しいよ!になるのか?である。


母父にクリスエスのシルクオールディー。前走こけたが、展開位置取り不向きで、距離変わって積極的な北海道同様のレースで、後続を・・・の展開なれば。
そもそも、この血統、控えてナンボより、ジリ脚を使いきらねばならぬ。
2600シリーズであれば、斤量恵まれていたが、ホクトスルタンを完封したトウカイメロディ
ニジンスキーのクロスを持つレーヴドリアンは展開次第では、常に34前後の脚で追い込み可能の展開になれば。
ローズキングダムは前走で能力の違いを見せつけた。ダービー馬が出てこないとなれば、ぬけた存在であることに違いはない。
あとは、距離と展開で浮上する馬がいるのかどうかであろう。

本 シルクオールディー
対 トウカイメロディ
単 レーヴドリアン
穴 ローズキングダム

馬連ボックス

【2010/10/23 16:20】 2010重賞 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
top>>

今週末の出走名駒

今週は1頭出走予定。
全姉は重賞を勝ったが、さて未勝利を勝ち上がったショウナンパルフェはどうか?

日 東京 9R いちょうS 芝1600m

ショウナンパルフェ 牡2 55.0 柴田善臣

【2010/10/22 22:38】 20102011名駒 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>