2008年 東京優駿、日本ダービー 予想

東京優駿、日本ダービー


いまさらながら、桜花賞はレベルが高かったのだとオークスで証明されただろう。

このところの傾向と対策はほとんど意味をなさない今年の戦国。

とはいっても、強いレースで結果を残した馬、左が得意な馬がオークスで来た。

桜花賞を過小評価したものは、誰一人オークスで馬券を取れなかったろう。

もっとも、オークスの場合、阪神1600がコース改修で変わった事が。過去10年などというデータを意味のないものにしてしまった感がないこともない。
阪神1600で活躍した馬が上位を占めたからである。




さて、今年の日本ダービー。

相変わらずレベルの高いレースはオークス検討時と同様、アーリントンカップ(阪神1600)である。
もうひとつは、府中というコースで復活する馬がいるということだ。これは、勝利実績だけではない。
皐月賞惨敗から復活を遂げたのは、アサクサキングス、ハーツクライ、アドマイヤベガ、ボールドエンペラーといる。ちなみに2着アサクサキングス、ボールドエンペラーは父サンデーサイレンス系ではない。



さあ、一番人気は来る。関西馬が来る。
こういうのはジンクス以外だ。
ディープインパクトが勝ったダービーを、ほら!一番人気の関西馬っていったじゃん!という人はいないだろう。



重賞勝馬しか連帯しないというデータがある。
これは、今年のオークスでもいえたことで、競馬で強い相手勝ったという意味では重要なキーのひとつだ。
しかし、今年は戦国。
確かに、オークスは重賞勝馬、3勝馬が上位に着たが、トールポピーは2勝馬であった。



そんなところから、今年は、いくつかの馬をキーポイントにあげることにした。

オースミスパーク、マイネルスターリー、ヤマニンキングリーの3頭である。

この馬たちは、ディープスカイの毎日杯出走組である。
当然、アドマイヤコマンドとも対戦しているわけである。そのアドマイヤコマンドとは僅差の馬たちだ。


オースミスパークはアーリントンカップも出走し、共同通信杯3着のマイネルスターリーをはなみずき賞であっさり下し、プリンシパルに出走。

マイネルスターリーも共同通信杯で、ショウナンアルバ、タケミカヅツ3着、プリンシパルも出走。

ヤマニンキングリーは、黄菊賞でトールポピーを破り、きさらぎ賞では、レッツゴーキリシマ、ブラックシェル、アグネススターチに先着の3着。
スマイルジャックとは鼻差。レインボーペガサスと1馬身である。

さて、これらの話をしていけば、要するに戦国であることを再証明するだけだ。
そして、やはりディープスカイは強いと・・・。


アーリントンカップ、左回り、皐月賞からの復活、重賞やオープンでの成績これらをキーに考えてみよう。



◎ベンチャーナイン
○レインボーペガサス
▲ディープスカイ
△エーシンフォワード


馬連ボックス



ベンシャーナインは逃げ馬が残る展開のなかで、惨敗が続いている。が、皐月賞でも、相当の脚を使っている。
新潟からは、新潟2歳の組が活躍している。強烈な末をもった馬たちだ。それを抑えきったエフティマイアがオークス2着。
ベンチャーナインは新馬が桁違いの脚を使った新潟での勝利。
東京スポーツもこれまたとんでもない脚で差しきったフサイチアソートの上を行く最速末脚。
得意としない右でも、前がつぶれる展開なら、マイネルチャールズを差しきる勢いを見せ、逃げ残った展開の右回りの皐月賞でも4番目の末を見せている。
そして、前走。評価の高くないアグネススターチが逃げ残ってしまう展開で、前目の実力馬、オースミスパーク、マイネルスターリー、ヤマニンキングリー、そして1番人気でタケミカヅチに新潟2歳で先着のタケショウオージを5馬身以上ちぎったテラノファントムを異次元の脚で差しきった。
しかも、やや重で。

あまりに、評価が低い。低すぎる。
新馬戦いらい、応援すると決めたメイショウテッペイが惨敗したレースだからということも微妙に含まれるが、このプリンシパルのメンバーが大変毎日杯と似ていることに気が付くだろう。


レインボーペガサスは、左経験がないが、左得意で、そこそこ人気で府中で連帯パターンを地で行く皐月賞最速上がり馬。


ディープスカイ、エーシンフォワード はアーリントン上位組みで当然。
両頭ともに、距離微妙だが、実はマイラーが多く上位に来るのが、クラシックなのだ。同じ年齢しか出られないレースゆえ、絶対能力が重視である。
エーシンは血統も不安があるが、たった一度の府中の敗戦で、切ってしまうのはいかにも危険。良なら、ディープスカイをも並んで抜かせない脚がある。


ほか、同じような探し方なら、フローテーション、ショウナンアルバ、スマイルジャックなどが上記の次にくるが、絞るなら上記だ。



アグネススターチが逃げ残る展開でも、ショウナンアルバがさらにその上のペースで逃げる展開でも、サクセスブロッケンが逃げる展開でも、差せる脚を持っているのが上記4頭とみる。
スローよりも、逃がしてしまうことの方が危険だ。サクセスブロッケンはそれを狙っているかもしれない。



さて、今日の白百合の結果を見ても、ヤマニンキングリーのわかりやすい勝利であったが、この出走馬の対戦相手たちを見れば、何か感じるものがあるだろう。

ブライアンズタイムの皐月賞はブライアンズタイムのダービー。
しかし、ブライアンズタイム→ブライアンズタイム系タニノギムレットであった。
ブライアンズタイムの翌年はサンデーサイレンス。
しかし、アグネスタキオン→アグネスタキオン以外のサンデーサイレンス種牡馬になる?
えぇ!またフジキセキ???
しかも2着はサンデー系以外が来たりしそうな今年である。

【2008/05/31 20:45】 2008重賞 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>

この記事のトラックバックURL

top>>